沿革

昭和23年 7月31日 福島県立南会西部高等学校開設(定時制)

昭和26年 4月 1日 本校に全日制課程(普通科)設置 定員150名

昭和35年 4月 1日 南会津高等学校と改称せられ南郷校舎と只見校舎となる。

昭和38年 4月 1日 南郷、只見両校舎とも募集定員120名となる。

昭和39年 4月 1日 只見校舎独立、只見高等学校と改名される。

昭和43年 9月23日 創立20周年記念祝典挙行

昭和44年11月28日 柔剣道場新築工事完成

昭和53年 4月 1日 湧雲会発足

昭和54年 4月 1日 募集定員135名となる。

昭和56年 1月29日 新体育館落成

昭和58年11月15日 鉄筋コンクリート2階建寄宿舎竣工、収容人員40名(20室)

平成 元年 4月 1日 募集定員90名となる。

平成 5年 4月 1日 募集定員80名となる。

平成 8年 5月30日 マルチメディア活用方法研究開発事業に指定される。

平成10年 9月 5日 創立50周年記念祝典挙行

  〃  10月20日 マルチメディア活用方法研究開発事業研究発表大会開催

平成14年 4月 1日 募集定員70名となる。

平成18年 3月20日 田島町・南郷村・伊南村・舘岩村が合併し、南会津町となる。

平成19年 4月 1日 新制服を導入

平成20年11月 1日 創立60周年記念講演挙行

平成23年 4月 8日 スクールバスが荒海中・田島駅前経由と学校間で運行開始

平成24年11月14日 武道場大規模改造工事完了

平成27年10月29日 新体育館屋根葺替工事完了

平成28年12月19日 校舎外壁改修工事完了

平成29年 3月27日 旧体育館解体・渡り通路新築工事完了

平成30年11月10日 創立70周年記念祝典挙行